ほけんの窓口って本当に無料なのか?

無料保険相談窓口の利用を検討している方に。持ち物や料金についてご紹介します。
HOME

ほけんの窓口って本当に無料?CMを見て保険無料相談を申し込んだら?

保険の料金、地味に高いし生活をおびやかしてしまっていませんか?CMを見て保険無料相談を申し込んだけれど、いまいち相談者の要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を活用してみるのはどうでしょう。

有料相談サービスの値段相場は大体5000から20000円くらいが多いようです。

有料で相談を行うメリットとしては、料金が発生しているので強引に契約を狙うものではないことや無料相談サービス内で実績のあるFPや優秀なFPが担当してくれることが多いことです。

そのため、無料相談よりもお客様目線でアドバイスをしてくれることが多いです。

また、ほとんどの有料相談サービス業者では、FPに対して独自の認定基準を設定しています。

ちょっと信じがたいですが「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という案内文も自信の表れでしょうか。

時間をかけて優良な担当者に当たるまで担当者を変えて無料で済ますという方法もあります。

将来のことを見据えて保険の加入を考えている方、保険の加入を考えているなら相談サービスを選びましょう。今では様々な保険相談窓口があったりしますよね。

近所の駅前にあるからという選択もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米のプレゼントを行っているサービスもあるんです。

申し込みの流れとしては、その相談窓口HPの予約フォームから相談日を決めて、保険無料相談をした後にアンケートへ回答するなど条件を満たすともらえるそうです。

でも、イメージとして無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうという気持ちもわかります。

FP紹介サービスの多くでは、相談者から多く苦情の来ているFPは登録解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

いまは色々な保険ができてきていますけれどもここ数年でペットの家族化が急速に進んでいます。

例としては、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気などの治療で動物病院に行った際にかかった費用を保障する保険です。

日本全国、どこの動物病院でも入院給付金や手術給付金を受け取れるほか、ガン給付金や死亡給付金がついた保険も中にはあります。

ただし、毎年接種しているワクチンについては適用外になりますので若いペットで病気にかかる可能性が低いと考えている場合は必要ないという方もいます。

保険料や内容が気になる方は、保険無料相談サービスでもペット保険について紹介していますので相談してみてはどうでしょう。

お金のかからない保険相談を利用したとき、本来ならばこちらの判断は自由なのですが、いくつもの面倒な質問に快く答えてくれたり気後れするほど細かな資料をそろえられていたりすると、納得できなかった場合に困ることがあるかもしれません。

自分のお金、さらに人生に関わることなので、即決できるほど簡単なものではないと思います。

断り方の一例として挙げるなら、じっくり考えてからこちらから連絡します、とはっきり伝えること。

なかなか解決しない場合は会社にあるサポートを利用しましょう。

一般的に良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうことが多いと聞きます。

保障内容の見直しや現在の契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスでも評価を比べているサイトはあるのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したら強引に保険に加入させられそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみた人によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と本当に保険内容の確認だけでも快く対応してくれたなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので見直しを考えている人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

保険無料相談サービスの使徒上から商品券をプレゼント!という宣伝文句を最近は見なくなりました。

調べてみると、2017年4月の金融庁の指導によって相談者に対して高額な商品券をプレゼントという販促活動をするのは禁止になったからです。

金融庁の指針を正確に読むと禁止されたのは換金性の高い商品の提供となっており、逆に言うと「換金性が高くなければ大丈夫」とも解釈できるので一部のサービスでは商品券から「牛肉などの景品をプレゼントする」と言う形で募集をしている状況に変わっています。

そのため、高額な商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

車の買取などいろいろな場面で見積もりをしますよね。

見積もりを取った後は業者から電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をしたりするのが楽しいと言いますが最近では、若い人を中心に電話が苦手という方も増えている印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強引な勧誘を行ったり、評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に関して対策が考えられています。

また、もし強制的な勧誘を行うFPが担当になった場合はストップコールという仕組みがあり電話一本で相談の停止や担当FPを変更することが可能です。

不用品回収業者の様になぜ無料なのに続けられるのかわからないサービスがあります。

無料ってほんとうにタダなのでしょうか。無料なのに続けられるのは何かカラクリがあるはずです。

一例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービス会社は各保険会社からの契約手数料が主な収益となっています。

つまり、相談者がFPに提案された保障を契約することによって保険会社から手数料がサービス元の企業に行くという形です。

契約が発生しないとサービス会社には収益が発生しないので、相談者に対して無理な保障を案内することはほとんどないと思っていいはずです。

相談・今の保障内容の確認自体は無料なので、活用してみてください。

思い切って保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを提案された。

保険って高くないですか?なぜあんなにお金がかかってしまうんでしょうか。

A社のFPが信頼できると感じて乗り換えをするならいいのですが、できればA社に提案された後に別のB社にも同じ内容で相談をして提案内容を比較するのをおすすめします。

その際に気をつけて欲しいのがA社の提案内容をB社に見せる場合、A社に対抗する様な形で全く違う提案ばかりをしてくる可能性があります。

一番理想的なのはB社に提案内容を見せた時に「この内容でほぼOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できると思っていいです。

ぜひ、その人に頼みましょう。

また、B社に見せない場合は、単純に新しく出された提案内容との比較になります。

タダでプロと一緒に保険の見直しができるのに、さらに商品券やギフト券までもらえたら嬉しいですよね。

ゲットできる方法をいくつか挙げますと、実際に面談をすれば良いだけだったり、面談後のアンケートに答えたりといろいろなようです。

一社でもらえる金額は数千円ですが数社受ければ大きなお小遣いになることは間違いありません。

注意しなければならないのは、プレゼントの方が目的ではないので、おまけ程度に覚えておくくらいにしてせっかくの時間を無駄にしないようにしましょう。

ラクダ

メニュー


Copyright (C) 2014 ほけんの窓口って本当に無料なのか? All Rights Reserved.